ライブラリ 国際的なコンテンツビジネスを推進していくために必要な知識やノウハウを
自ら学ぶ際に参考となる書籍や情報を掲載しています。
ライブラリについて

  •  今から2年前の2009年4月、劇場用長編映画『レイン・フォール/雨の牙』(以下、本件映画)が公開された。本件映画は、米国人作家バリー・アイスラーのベストセラー小説「雨の牙」を原作とし、オーストラリア…
  •  日本で昨年発売され、たちまちベストセラーとなったホラー小説があるとしよう。  ホラー小説を出版したあなたの勤める出版社は、作家から二次利用の窓口を任されている。ここのところ、日本のテレビ局や映画会社…
  •  本稿の最初に、米国アニメーション情報サイトのコミュニティに投稿された記事を紹介する。投稿したのは、米国玩具製造販売大手ハズブロ傘下のハズブロスタジオでアニメーション企画開発を担当するマイケル・ボーゲ…
  • 現場でも、卓上でも使いやすい大きさです。映像制作の現場で役立つ最新のテ クニカル・データ、制作機器のスペックから技術解説まで、1977年に発行以来、隔年で発行、業界技術者の方々から多大なご好評を得て、…
  • 本書は、映画のマーケティング、パブリシティ、およびタイアップ(プロダクト・プレイスメント)について解説している。フォーカスグループ、試写会、出口調査などの様々なマーケット調査法について説明しているほか…
  • 5.1チャンネル・サラウンドサウンドは、映画館とホームシアターで普及している。本書は、5.1チャンネル・サラウンドサウンドについて、「マトリックス」をはじめとする数々の映画を分析しながらその効果を解説…
  • マスメディアが報道する「ヒット映画」とは、映画の興行収入を元にした計算に過ぎない。実際は、劇場の売り上げが良かった作品の制作費や広告費が高ければ、最終的にはスタジオは赤字になる。本書は、このような、一…
  • 本書は、映画制作に必須なファイナンシングに着目し、いかに制作資金を獲得できるか説いている。財団・基金・個人投資・スポンサーなど、さまざまなファイナンシング源を紹介し、それらを入手する鍵となるビジネスプ…
  • インディペンデント映画制作の工程をビジネス・法律的観点から述べたエンターテイメント法のガイドブック。エンタテインメント弁護士である著者は、映画・テレビ制作の契約書について過去に数冊執筆したが、本書では…
  • フィルムメーカーには、芸術面を優先し、ビジネス面に十分目を向けない傾向がある、と一般的に言われている。しかし、ビジネス面を視野に入れずには映画制作は成立しない、と本書の著者は主張している。特に、映画の…