ライブラリ 国際的なコンテンツビジネスを推進していくために必要な知識やノウハウを
自ら学ぶ際に参考となる書籍や情報を掲載しています。
ライブラリについて

  • 映像制作では、シーンをビートに分解して、一定のリズムを作りだしていく。本書は、映像編集におけるリズムやタイミングを理論的に解説し、実践で活用できるように事例を紹介している。リズムは、視聴者の心理的な緊…
  • 映像におけるコンポジット(画像合成)の基本は、ブルースクリーンやグリーンスクリーンを用いる撮影である。本書は、グリーンスクリーンの撮影に関する実践的な解説本である。グリーンスクリーン撮影では、コンポジ…
  • 本書の目的は、撮影に関わる機械的な側面ではなく、撮影を通じていかに効果的にストーリーを伝えるかという根本的な撮影技術にフォーカスしている。筆者曰く、映画撮影において重要なことはまず第一にルールを知るこ…
  • 本書は、コンポジット処理(画像合成)について解説している最重要参考書の1冊である。1999年に執筆されているため、情報が最新技術に及んでいないが、コンポジット処理に関する基礎は詳細に解説されている。制…
  • 本書は、撮影監督のための実践的な撮影に関する解説書である。シャッターをはじめとしたカメラの仕組み、レンズの種類と歪み、フィルムの種類と現像プロセスなど、フィルムを用いた映画撮影に関する専門知識を身につ…
  • HDR(ハイ・ダイナミック・レンジ)とは、最大の明るさと最低の暗さの表現精度であるダイナミックレンジが、通常のデジタル画像の記録精度をはるかに上回る情報を保持するための技術である。暗い部屋で暗部の模様…
  • 本書は、映画における照明のデザインについて解説している書籍である。露出やガンマ補正など撮影や画像を扱うための基礎知識を習得することもできる。多くの章は、フィルムを対象としているが、デジタル・シネマトグ…
  • 本書は、エフェクト全般を解説しており、様々なエフェクト技法を理解できる点で有用である、たとえば、マットペインティングによってセットを拡張させて、セット構築の予算を削減することができることを理解できる。…
  • 本書は、映画とビデオのためのコンポジット(合成)プロセスに関する実践的な内容を解説した書籍である。コンポジットの基本となるマットの作成方法について詳しく説明しているが、効率よくマットデータを生成するた…
  • 本書は、1973年に出版されてから撮影に関する必読書の1冊として長年教材として使われてきた。ここで紹介する第3版では、デジタルシネマ時代に向けて、デジタルプロジェクタやタイムコードなどの技術が少し解説…