ライブラリ 国際的なコンテンツビジネスを推進していくために必要な知識やノウハウを
自ら学ぶ際に参考となる書籍や情報を掲載しています。
ライブラリについて

  • 本書は、1995年に出版された、映画プロデュース全般を把握するための入門書としてバイブルの一冊である。映画製作の流れを理解することができることに加え、特にスケジュール管理と予算管理についてのハリウッド…
  • 本書は、プロダクションマネージャーの仕事内容と責任範囲を解説している。映画制作の流れを簡潔に説明した上、制作各段階のプロダクションマネージャーの役割が述べられている。映画のクリエイティブ面に関わらず、…
  • 本書は、ハリウッドの映画製作における予定表作成とマネジメント手法に特化した書籍でありバイブルとして現在でも必読の1冊である。脚本からプロダクションボードの作成、撮影に必要となる日数の割り出し方、予定表…
  • ピクサー・アニメーション・スタジオ社は、コンテンツ企業として世界中のクリエイティブ産業が注目をしている。本書では、数々の劇場映画をすべて興業的に大成功させてきた奇跡ともいえる実績はどのような経営術によ…
  • ピクサー・アニメーション・スタジオ社は、コンピュータアニメーション映画製作を手掛ける最も成功している企業であり、コンテンツビジネスの代表例として注目され続けている。本書は、ピクサー・アニメーション・ス…
  • イノベーションを起こし続ける企業の1社に任天堂が挙げられる。本書は、任天堂の社内カルチャーや経営者の価値観について学べる貴重な書籍である。コンテンツ産業が、国際競争力の中で生き残るためには、新しい発想…
  • 本書は、様々なインタラクティブ映像作品を紹介している書籍である。Landscape Oneなど没入感のある作品をはじめとして主にメディアアートとしての作品ではあるが、展示施設などでの映像コンテンツのア…
  • 本書は、急速に普及しているデジタルサイネージ分野について、市場性やビジネスモデルを含め包括的に解説している。本書では、デジタルサイネージ向けコンテンツは多様なコンテンツが展開されていることが紹介されて…
  • 本書は、デジタルサイネージをシステムの観点から解説している。ライブ中継、インタラクティブなサイネージ、シネマコンプレックスでの活用など幅広い活用事例を紹介し、どのようなシステム構成が必要かを説明してい…
  • 本書は、YouTubeをメディア論の観点から論じている。YouTubeは、映像プロデューサーにとって戦略的な位置づけを考えておくべき対象であり、その意味で本書は直接YouTubeによる映像ビジネスを論…