ライブラリ

2時間でわかる図解 日本版LLP・LLCがよくわかる本中央青山監査法人

この本では、第1章でLLC・LLPはどんな組織であり、どんなメリットがあるのかを、海外の状況も踏まえ説明しています。第2章では、LLC・LLPのメリットを活かし活用することを念頭に、誰が、どんなものに、どのように使えるのかという観点から検討しています。第3章では、これから始まるLLC・LLPの実務を行なう上での重要事項について、項目をしぼって解説しています。

目次

第1章 これまでの会社組織との違いは何か?
 1 有限責任でありながら、自由度の高い組織が誕生する
 2 個人の力を引き出しやすく、起業しやすくなる
 3 これまでの会社組織にはないいくつものメリットがある
 4 どのような事業に利用するとよいか
 5 海外での導入事例を見る

第2章 どのような事業に活用できるのか?
 1 これからは人的資産が主役になる
 2 LLC・LLPに類似した組織が投資事業で利用されている
 3 LLC・LLPで起業し、その後に株式公開を目指す
 4 ジョイントベンチャーにもチャレンジしやすい
 5 事業再編をする場合にLLC・LLPが期待されている
 6 専門性の高い職業に有用である
 7 産学連携 (産学官連携) に新たな可能性を与える
 8 証券化・流動化にLLC・LLPは適している
 9 公益を目的とした非営利団体に利用できる
 10 企業組合以上に相互扶助を強調できる

第3章 設立・運営のために必要な実務とは?
 1 簡単な手続きで設立できる
 2 LLC・LLPに途中から参加することができる
 3 活動状況を示す決算書を作成する
 4 もっと詳しくパススルー課税を知る

基本情報

ページ数
220ページ
出版社
中経出版
言語
日本語
発行年
2005年
ISBN10
4806122858
ISBN13
978-4806122852